投稿者「bell_staff」のアーカイブ

ベル通信 Vol.044【2020年4,5月号】

院長のごあいさつ

5月5日のこどもの日の夜明け、3132gの元気な男児が生まれて来ました。よォーこそ。お母さんは40歳を過ぎた3人目の方で、硬膜外分娩(無痛分娩)を行い無事に出産され安堵されていました。2人のお姉さん達はTV電話での参加でした。

わが国において、出産の平均年齢は年々上がってきており、第1子出産年齢は30歳を越えるようになりました。医学的には、35歳以上で出産することを「高年出産」といいます。高年での妊娠、出産にはさまざまなリスクがあることが知られています。硬膜外分娩には分娩時の高血圧を予防する効果が有り、産後の体力温存にも役立ちます。ただし、安全な硬膜外分娩を行う為に、医療者は周到な準備が必要です。

3月の末に東京2020五輪の延期が発表されました。昨年のNHK大河ドラマ「いだてん」の中では、1964年の東京五輪が開催されるまでの物語が描かれました。関東大震災が有り、太平洋戦争が起こり、幻の1940東京五輪が中止になりましたが、それでもあの1964五輪にたどり着きました。諦めなかった先人達に感謝します。周到な準備をして、全世界ののアスリートに最高の舞台が用意される事を願っています。

巣ごもりのステイホーム週間となった今年のゴールデンウィーク。未来を担う新しい命の誕生に感謝しつつ過ごしています。
(鈴木まさし)
happybaby00 クリニックベルで誕生した赤ちゃんをご紹介します! 2020年3月生まれの赤ちゃん 2020年4月生まれの赤ちゃん ※ 許可を頂いた赤ちゃんの写真のみを掲載させて頂いております。
【入院中】
・妊娠発覚からお世話になりました。本当に良いクリニックです。特に出産した時は先生はじめ、助産師さんにたくさん助けて頂き無事に出産できました。旦那共、本当にここにしてよかったねと言い合えたステキな産婦人科です。

・皆様のご協力のお陰で、無事に元気な赤ちゃんを出産する事が出来ました。ありがとうございました。帝王切開中の持ち込みCDをOKしてくださり感謝です。上の子と同じく、良い思い出になりました。皆様の優しい声かけが私たちのやる気up、いやしになりました。楽しい日々をありがとうございました!!2人目育児ガンバルぞ!引き続き宜しくお願いします。

・第二子出産でしたが、第一子の時と同様、丁寧な対応をして頂き快適に妊娠・入院生活をすごす事が出来ました。先生を始め看護師さん、助産師さんが相談しやすい雰囲気を作って下さり、ありがたかったです。また、毎日しっかりと院内のおそうじもされていて、安心して気持ちよく利用することができました。次回もまたこちらのクリニックを利用できたらいいなと思います。毎日の食事もバランスが良くおいしく、楽しみでした。

・いつも通り助産師さん、看護師さん、キーパーさん皆さん声かけなど優しくして頂き、快適な入院生活でした。出産時も先生がビデオ、カメラしっかりとって下さっていい記念になりました。食事も基本的にごうかで大満足です。お祝いディナーもベルでうんだ!という気分になれました。こんなご時世ですが、家族の立ち合い、面会もさせて頂けてありがたかったです。ニューボーンもかわいくとってもらえて幸せでした。まだワクチンなどでいろいろお世話になります。よろしくお願いします。

・通院時から、身体の不調などありましたが、ヨガ教室や安産教室、鍼灸などを利用させていただき、体調を整えていくことができました。出産を安心して無事出産する事ができました。産後もお腹の痛みや授乳にもひとつひとつ丁寧に対応していただき、とても感謝しています。大変お世話になりました。ありがとうございました。食事もおいしくて、とても元気が出ました。

 
  kouzyou 【入院中】
・相部屋でしたが、授乳時に足元における台があるといいなと思いました。

スタッフより お部屋で授乳をされる方で足台をご希望される方には貸出ししておりますが、説明・声かけが行き届かず、ご不便お掛けし申し訳ありませんでした。ご希望の方はお気軽にお声掛けください。



・ディナーを3Fでする時のイスにも円座クッションをおいてほしいです。

スタッフより ご不便お掛けし申し訳ありませんでした。お手数をおかけしますが、必要な方はお部屋にある円座クッションをお持ちいただくようお願い致します。

貴重なご意見ありがとうございました。

             
chiebukuro

【妊娠中の性感染症について】

【性器クラミジア感染症とは】
日本では最も患者数が多い性感染症です。(妊婦における罹患確率は約3~5%)



クラミジア頚管炎の妊婦さんが感染に気付かずに経腟分娩すると、胎児が産道感染する可能性があります。
産道感染すると、肺炎や結膜炎などを発症することもあります。
発症頻度としては、クラミジア肺炎が約5~6%、結膜炎が約30%とされています。

【母子感染の予防のために】
当院では、胎児への感染を予防するため原則として26週の妊婦健診でクラミジア検査を行っています。

【治療法】
薬物療法として、当院では、飲み忘れの心配がなく1回の服用で治療が終了する「ジスロマックSR」を処方し、約1カ月後に治癒したかどうか再検査します。 また、陽性になった時点でパートナーには泌尿器科を受診して頂き、精査・治療を勧めています。 クラミジア感染症に限らず、妊娠中にかかると胎児に影響を及ぼす病気が沢山あります。きちんと定期受診をして、診察・検査を受け赤ちゃんを守りましょう!          

ベル通信vol.43を更新しました! 今回のベルの知恵袋は「減塩について」ご紹介しています。 ぜひご覧ください。

ベル通信 Vol.043【2020年2,3月号】

院長のごあいさつ

3月に入ってから瀬戸旭医師会館で陶生病院感染症内科部長の武藤義和先生による「新型コロナウイルス感染症に対する医療機関の対応について」の講演がリモート会議(テレビ中継方式)で開催されました。国際渡航医学会専門医の資格を持ち、多くの渡航者感染症の患者さんを対応してきた方で、陶生病院で渡航者外来を担当する感染症制御のスペシャリストです。講演を拝聴して正しい情報を得る事が出来ました。初めてのお産と同様、未知の事未体験の事に対しては、正しく恐れるのが肝要だと思います。

新型コロナウイルス感染症騒動は、2019年12月31日に27例の原因不明のウイルス肺炎が武漢の華南海鮮城で報告された時から始まり、全世界で約10万人を超える感染者が確認されています。国内でも400人、県内でも70人程の感染がPCR検査で確認されています(3月7日現在)。感染源の中国本土では感染者は減少して来ている様ですが、我が国も含めてその他の国での増加は続いています。

妊娠中は、季節性のインフルエンザにかかると症状が重くなり、長引くことが知られています。新型コロナウイルスでは感染者数の最も多い中国湖北省でも、現時点で妊婦における重症化や胎児障害の報告はありません。とは言えワクチンが無い現在、感染予防の基本は石けんを使った手洗いの徹底です。手洗いのポイントは、①石けんを使う、②洗い残しがないようにする、の2点。泡立てた石けんで指先、指の間、手首まで30秒以上(これが大事)かけてていねいに洗います。石けんで洗うことで、ウイルスを包みこみ、洗い流す効果があります。アルコールでの消毒も極めて有効です。石けんで手洗い後アルコール消毒をすれば完璧です。

この季節、通常の風邪やインフルエンザとの区別もつきにくい為、くれぐれも咳が出る方は人前ではマスクの着用をオススメします。又、50歳以下は軽症や無症状感染の例も有るので、来院時には入り口でのアルコール消毒とマスクの着用をお願いします。

(鈴木まさし)    
happybaby00 クリニックベルで誕生した赤ちゃんをご紹介します!
2020年1月生まれの赤ちゃん
2020年2月生まれの赤ちゃん ※ 許可を頂いた赤ちゃんの写真のみを掲載させて頂いております。
・今回は3度目の出産です。毎回サービスの質が向上していると感じます。赤ちゃんとママのケア、食事の面、病院の環境全てが素晴らしいです。大変お世話になりました。

・出産直後の様子をビデオにとって頂き、当時の喜びを何回も思い出すことができています。赤ちゃんの頭が出てきた時点で、先生がカメラを使ってその様子を見せてくださったおかげで、励まされ痛みがやわらぎました。ありがとうございました。上の子達まで宿泊させて頂き、とても助かりました。助産師看護師の皆さんも私のこと、家族のこと気にかけて色々手伝ってくださいました。入院中2Fのプレイルームで遊べたり、ビデオやおもちゃを貸し出してもらえたおかげで上の子供達も楽しめました。ご飯も初めは量の多さに驚きましたが美味しいのでほとんど食べれちゃいました。毎回楽しみでした。こちらの病院で産むことができて良かったです。本当にありがとうございました。

・一人目の時も二人目の時もこちらでお世話になりましたが、一人目の時にもお世話になった助産師さん達の顔を見るととても安心できました。二人目もこちらでお世話になって良かったです。先生をはじめお世話になった方々本当にありがとうございました。

・分娩時や授乳時の助産師さんのサポートがしっかりあり心強かったです。入院中の食事がとてもおいしく毎回楽しみです。出産も頑張れました。毎日きれいに掃除をしていただきありがとうございました。院内全体がとてもきれいです。

・産後に赤ちゃんを預かってくださるので、身体を休める機会も多く、とても助かりました。授乳中も気にかけてくださり、わからないことも聞きやすかったです。退院後もしばらくお世話になりますがよろしくお願いします。  
  kouzyou ・入院中の指導を父親も受けれるようにしてほしかったです。せっかく休みを取って付き添ってもミルクをあげたり、沐浴をさせたりして赤ちゃんと交流できないのは寂しかったなと思います。

スタッフより

ご不便お掛けして申し訳ありません。育児不安の強い方、体調に不安のある方、里帰りせず旦那さんと二人で育児をされる方などは、助産師外来でご相談し、入院中にご家族への指導を行っております。 できるだけご希望に添えるようにさせていただきたいと考えておりますので、お気軽にご相談ください。

   
chiebukuro

【減塩を心がけて健康を維持しましょう!!】

日本人は1日の塩分摂取量が多すぎだと言われています。 味噌や醤油を使い、料理することが原因です。また、練り物や漬物、干物などの 加工食品にも 、たくさんの塩分が含まれています。 料理の組み合わせによっては、知らず知らずのうちに塩分を多く摂ってしまっている かもしれません。          
塩分の多い食事を長年続けていると、高血圧症など様々な病気を引き起こす可能性が あります。健康的な食事を心がけて病気を予防しましょう。 【減塩のポイント】

健康は食生活と深く関わっています。まずは、調味料を計量スプーンで計るなど簡単なことから始めて、日頃から薄味を心がけましょう。

ベル通信 Vol.042【2019年12,2020年1月号】

    院長のごあいさつ

    新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。

    昨年は、令和の始まりと言うより平成の終わりを感じました。医療者として社会人と成ったのが平成元年でした。平成の始めの頃には、天安門事件、ベルリンの壁崩壊、湾岸戦争、オウム真理教のテロが有り、阪神淡路大震災が起こり、長野五輪が開催されました。情報収集はインターネットでは無くテレビからでした。情報が何時でもネットで検索できる様になり、記憶が薄くなっている様な気がします。令和時代を見て聞いて感じて記憶に留めたいと思います。

    今年は開業して19周年になります。生まれて来た子供達に、『生まれたトコがここで良かった。』と言ってもらえる様、思春期になったら健康のパートナーにしてくれる様なクリニックを目指したいと思います。

    (鈴木まさし)
    happybaby00 クリニックベルで誕生した赤ちゃんをご紹介します!

    2019年11月生まれの赤ちゃん 2019年12月生まれの赤ちゃん ※ 許可を頂いた赤ちゃんの写真のみを掲載させて頂いております。

    ・助産師さん、看護師さん、先生どの方も優しくて安心して入院生活を過ごせました。授乳の仕方も詳しく教えてもらえて良かったです。毎日の食事もとてもおいしかったです。

    ・とても満足のいくお産ができました。助産師の方と授乳の時間に話すことができ、不安なことがなく退院できそうです。キーパーの方もいつもあいさつして頂けてとても気持ちが良かったです。

    ・2回目の帝王切開で不安も大きかったですが、無事元気な赤ちゃんと対面する事ができ、とても感謝しています。入院中の助産師さんによるサポートも改めて手厚いなと感じました。正直、新生児育児をどうやっていたか記憶が薄れていたので、ここでしっかりおさらいをして今後の育児に役立てたいと思います。本当にありがとうございました。

    ・スタッフさん同士の連携がとても素晴らしいと思いました。何気なくお願いしてみた事が、翌日にはきちんと手配してくださったり、サッと情報が共有されていて多々感動することがありました。院内もお掃除が行き届き快適で、お食事もとても美味しく、何よりも全スタッフが本当に温かいクリニックベルさん大すきです。

    ・出産のムービーを撮ってもらえたり、へその緒を切ったり、胎盤をみせてもらえたり、とてもいい思い出になりました。ここで出産してよかったです。ありがとうございました。
      kouzyou

    ・個室の部屋にクッションを2,3個置いてほしい。見舞いの人や泊まりの人がくつろげるように。

    スタッフより
    ご不便をお掛けして申し訳ありません。入院を快適に過ごしていただけるように、クッションの貸し出し用を用意いたしました。ご希望の方はスタッフにお声掛けください。貴重なご意見をありがとうございました。

    個室301・302

    貸し出し用クッション

    chiebukuro

    【離乳食のポイント】

    生まれたての赤ちゃんは、母乳やミルクから必要な栄養・エネルギーを補っていますが、1歳までの成長はめまぐるしく、次第に母乳やミルクだけでは栄養が補えなくなってきます。 そのため、徐々に大人と同じように食事から栄養を摂れるように練習していきます。その食事が離乳食です。離乳食は「面倒くさい」「大変そう」というイメージを持たれがちですので、今回は離乳食のポイントについてお話しします。

    【開始の目安】

    *生後5~6ヶ月に入っている *よだれの量が増えている *支えがあればお座りできる                                                      *食事に興味を持っている *スプーンを口に入れても押し出さない *機嫌も体調も良い

    【ゴックン期のポイント

    *腎臓の機能が未熟なため、味付けはせず、素材の味だけで *生ものは禁止 ⇒ モグモグ期頃までは必ず加熱したものを与える *膝の上で抱きながら食べさせ、食べることの楽しさを教える

    【モグモグ期のポイント】

    *1人で座れるようになってきたら、椅子に座って食べる練習をする 嫌がる場合は膝の上でもOK *味付けに出汁を使う

    【カミカミ期のポイント】

    *フォローアップミルクを使う *鉄が不足しやすいので、赤身の肉や魚料理を作る *味覚が発達するので色々な味付けにする ⇒ 薄味のままでOK *手づかみで食べえられるようなものを作り、自分で食べる練習を

    【パクパク期のポイント】

    *欲しがるようであれば、離乳食後に母乳を与える *食事だけでは栄養が不足するため、おやつを与える

    【時短ワザ】

    ご飯は冷凍すると1週間保存できるので、まとめて作っておくと便利です。さらに炊飯器で一緒におかずを炊いて冷凍しておけば、毎日の離乳食が手軽に作れます。

    離乳食をたくさん食べる子もいれば、まったく食べない子、急に食べなくなる子など様々です。頑張って作った離乳食を食べてくれないとガッカリしたり、他の子と比べて焦りを感じることもあります。しかし、大切なのは食事が楽しい時間だと感じさせてあげること。食べようとしない時は無理に食べさせず、お子さんのペースに合わせて食事をすすめていきましょう。 ただし、離乳食が進まず体重が増えないようであれば、断乳したり、食事内容を見直す必要があります。不安があるようでしたら、健診や母乳外来などでご相談ください。

ベル通信 Vol.041【2019年10,11月号】

院長のごあいさつ

令和元年台風15号及び19号で被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

11月の初めに第 6 回「もーやっこJr.の広場」にて行われた小児在宅研修会に参加しました。「もーやっこJr.の広場」とは、瀬戸旭医師会が主催する医療的ケアの必要なお子さんとそのご家族が安心して外出し家族皆が楽しめる場を地域で提供する、全国でも珍しい画期的なイベントです。今回は小児在宅の分野で幅広く活躍されている、「子ども在宅クリニックあおぞら診療所」の前田浩利先生(NHK Eテレ、ハートネットTV出演)の講演でした。

前田先生は、平成の初め頃ならば重い病気や障害のため、生まれてからその生涯をNICU(新生児集中治療室)で終えていた子供達の在宅でのケアや、小児がんの子供達の看取りを在宅でされています。在宅ケアを受けている子供達と家族にとって 貴重な時間を自宅で過ごせている現況を知りました。生まれてきたことには意味がある、それを支えることは価値があると思いました。

妊娠・出産に携わる我々は、障害無き出生を目指すのは元より、障害を持つ子供達のその後を知ることは大事だと思います。 現在の出生前診断は、染色体異常について調べることと、超音波などで赤ちゃんの形の異常を調べることが中心です。異常を持って生まれてきた赤ちゃん対する医療・介護・社会的支援の進歩も含めて情報提供する必要性を感じました。

熱狂の輪が日本中に繋がったラグビーワールドカップ2019でしたが、2020東京ではパラリンピアンの活躍が人間の可能性を見せてくれそうで楽しみですね。  

(鈴木まさし)
happybaby00 クリニックベルで誕生した赤ちゃんをご紹介します!  

2019年9月生まれの赤ちゃん
2019年10月生まれの赤ちゃん
※ 許可を頂いた赤ちゃんの写真のみを掲載させて頂いております。
・妊娠してから(健診から)お世話になっています。関わってくださる先生、助産師さん、看護師さん、掃除をしてくださる方、皆様に親切に対応していただいて、退院する今日まで大満足で過ごせました。とても気持ち良く、退院させていただき、素敵な入院生活を送らせていただきありがとうございました。

・スタッフのみなさんは親切で優しく細やかなケアをして頂いて大変心強かったです。アットホームな雰囲気の中で安心してお産を迎えられました。また安産教室や鍼灸があるのもすごく良いなと思いました。2人目を産むときも、またお世話になりたいと思います。大変お世話になりありがとうございました。

・院内がとても清潔で丁寧に清掃されている。キッズスペースのおもちゃをひとつひとつふいているのを見て安心した。助産師さんがみんなやさしく気軽に相談できる。助産師さん内で情報共有がしっかりされていてスムーズに対応してくれて助かった。

・2人目のお産でしたが、またベルで産んでよかったと思えました。上の子も一緒に、うまれたての赤ちゃんの写真を撮って頂いたり、分娩室に入れてよかったです。忙しい中助産師さん方にも何度も授乳中に声をかけて頂き安心して練習する事ができました。

・初めての出産でとても不安でしたが、スタッフの方がみなさんとても優しく妊婦健診の時から安心して通院できました。出産してから3時間おきの授乳が始まり、深夜の授乳のため起きるのが辛いと感じることもありましたが、授乳室に行くと助産師さんがとても丁寧に指導してくださり、ホッとできる時間へと代わっていきました。授乳のこと以外にも悩みを聞いていただいてとても心強かったです。    
  kouzyou AED(自動体外式除細動器)を設置しました!! 設置を機に、心肺蘇生の手技・AEDの使い方を再確認するためスタッフ勉強会に参加してきました。 今後も緊急時に素早くに対応できるように、定期的にシュミレーションを含めた勉強会を続けていきたいと考えております。
・部屋にメモ用紙があるとありがたいです。

スタッフより

ご不便をお掛けして申し訳ありません。各お部屋にメモ用紙を置くようにしました。
貴重なご意見ありがとうございました。  
chiebukuro

【更年期の症状】

閉経の前後5年は、女性ホルモンの低下で体や心に様々な不調をきたす時期です。 この約10年間を更年期といいます。更年期の症状には個人差があり、 日常生活に支障をきたす場合を更年期障害といいます。 今回は、女性なら誰もが通過する更年期を、上手く乗りきるための方法をいくつかお伝えします。

【更年期の症状】
【対処方法】

①運動を日常生活に積極的に取り入れる。                                                               有酸素運動やヨガが更年期の症状を緩和させるという報告もあります。 また、適度に体を動かすことは、体力の維持増進、 脂質代謝の促進など、生活習慣病の予防にも効果があります。 無理なく継続できることが大切ですので、興味のあることから 始めてみましょう。

②更年期を乗りきる食事のコツ 豆乳、豆腐、納豆に含まれる、女性ホルモンと似た働きをする 大豆イソフラボン(エクオール)を毎日摂取する。 女性ホルモンの低下に伴い、骨粗しょう症や動脈硬化、 心筋梗塞のリスクも高まります。バランスの良い食事を心がけましょう。 (骨粗しょう症 ベル通信Vol.39 6,7月号をご覧ください。)                           
エクオールとは?

大豆イソフラボンは体内の腸内細菌によってエクオールに変換されます。エクオールはイソフラボンに比べ、より高い エストロゲンの効果があります。 しかし、日本人の50%の方は体内で生成できず、大豆製品を 積極的に摂っても症状が改善されない方もいます。 エクオールが体内で生成できない方には、手軽に摂取できる サプリメントがお勧めです。

③鍼灸・漢方薬治療 東洋医学では、「血」「気」「水」の崩れが不調をきたすと 考えられいます。この3つのバランスを整えるため、 体質や症状にあった漢方薬を飲んだり、鍼灸治療を行なったりして、体質の改善をはかります。 また、当院では鍼灸による治療を行っています。

④ホルモン補充療法 更年期に急激に低下する女性ホルモンを補い、症状の改善を図る治療法です。飲み薬、貼り薬、塗り薬があり、ホルモンの種類、飲み方は個々の状態によって選択されます。

更年期の症状は人それぞれですが、女性の8~9割の方に何らかの症状がみられます。 日常生活に支障をきたすようなら我慢せず、まずは産婦人科医にご相談ください。